2016.10.20【記者発表会のご案内】AI が事業所と求職者を最適マッチングする「ユアマネージャー」記者発表会

記者発表会のご案内
報道関係各位

logo
2016年10月20日(木)
ヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社


介護労働力のシェアリングエコノミー型サービスが始動
AI が事業所と求職者を最適マッチングする「ユアマネージャー」記者発表会

〜横浜市訪問型生活援助サービス開始に伴い、現役介護ヘルパー等のパネルディスカッションも同日開催〜
11月1日(火)12時00分 @ 横浜馬車道



 テクノロジーで介護業界の課題解決に取り組むヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社(本社:神奈川 県横浜市、代表取締役:坪井俊憲)は、介護労働力のシェアリングエコノミー型サービスとして AI(人工 知能)によって事業所と求職者を最適にマッチングさせる無料の WEB アプリ「ユアマネージャー」の提供を 開始します。これに先立ち、11 月 1 日(火)に記者発表会を開催しますのでお知らせします。

 要支援1、2の対象者に対する生活援助サービスの報酬引き下げに伴い、現在、この低報 酬の新方式介護サービスへの参入を見送る事業所が相次いでおり、今後更なる介護労働力不足が危惧されて います。また、同エリア内に介護事業所が密集することで事業所間競争が加熱し、求人エリアの散在によっ て、求職者は希望エリア内では十分な仕事量が確保できず、長距離移動や収入減を受け入れざるを得ない状 況にあります。

 記者発表会では、こうした課題を解決するために開発された、AI(人工知能)によって地域単位で事業所 と求職者を最適マッチングし、訪問介護サービスの効率性を高める WEB アプリ「ユアマネージャー」につい てデモを交えて紹介します。

 本サービス提供開始により、事業所は訪問介護サービス提供先の近隣の求職者を、必要な曜日・時間帯で 的確に割り出すことができ、介護労働力の確保が容易になります。求職者は、希望のエリア・曜日・時間帯 での仕事を、事業所横断で組み合わせることができ、訪問介護の課題である移動時間や仕事量の不安定さを 解消できます。

 また、横浜市が平成 28 年 10月から、無資格者であっても要支援1、2の対象者へ生活援助を行うことの できる新サービス「横浜市訪問型生活援助サービス」を開始したことに伴い、地域でちょっとした隙間時間 や経験、スキルなどを生かして働きたいといった新しい働き方に関心を寄せる主婦層向けに、「仕事と家庭 の両立を実現する新しい働き方を学ぶ主婦向けワークショップ」を同日開催します。当日は、ダブルワーク 先として訪問介護ヘルパー職に就く58歳女性などが新しい働き方についてパネルトークをするほか、生涯 の仕事として介護ヘルパー職に就く75歳女性の高齢介護ヘルパーなどへの取材も可能で、急増する高齢ヘ ルパーの生の声が聞ける機会となります。

ぜひご参加のご検討をいただけますと幸いです。

■日時 :2016年11月1日(火)12:00~12:45(受付開始:11:50)
■会場 :mass×mass 関内フューチャーセンター
■住所 :〒231-0003神奈川県横浜市中区北仲通3-33中小企業共済会館ビル
※みなとみらい線馬車道駅6番出口徒歩2分、JR 関内駅徒歩 10 分
■当日の流れ
【第一部】主婦向けワークショップ
テーマ:仕事と家庭の両立を実現する新しい働き方について
10:30 ~ 10:35 主催者挨拶、主旨説明
10:35 ~ 11:20 働く主婦のパネルセッション
※ 11:00 現役介護ヘルパーのパネルセッションよりメディア入場可能

11:20 ~ 11:35 横浜市訪問型生活援助サービス開始についてと訪問介護の働き方のご紹介 – 訪問介護の働き方の特徴
– 横浜市訪問型生活援助サービスの開始について
– 「ユアマネージャー」サービス説明とデモ紹介
11:35 ~ 11:45 質疑応答
11:45 〜 12:00 休憩(第一部、第二部入れ替え)
※ 登壇者、参加者への取材可能

【第二部】記者発表会(12:00~12:45)
・ご挨拶/ヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社について
・介護市場の現状と課題について
・横浜市訪問型生活援助サービス開始について
・「ユアマネージャー」提供開始について
・「ユアマネージャー」サービス説明とデモ紹介
・今後のサービス展開について
・質疑応答
・フォトセッション

◆登壇者プロフィール
tsuboi
ヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社 代表取締役 坪井俊憲
慶應義塾大学環境情報学部卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科(先 端生命科学)在学中にヘルパー2級を取得し、ヘルパーとしての経歴を開始。 新卒で神奈川県の訪問介護企業に就職。ヘルパーとして訪問介護サービスを提 供しつつ、訪問看護事業と介護スクール事業の立ち上げ・運営を責任者として 行う。訪問介護ヘルパーとして就業中、訪問介護のニーズに対する人員の配置や移動・待機の非効率さを感じ、地域には移動距離0、待機時間0で提供できる、在宅介護のニーズがある ことに気づく。その後、地域の人材ニーズと、働きやすさの両方を実現するためにヘルスケアマーケット・ ジャパンを創業。

◆当日可能な取材内容
・ヘルスケアマーケット・ジャパン代表取締役 坪井社長へのインタビュー
・現役介護ヘルパーなどのイベント登壇者や、主婦向けワークショップ参加者へのインタビュー
・イベント風景

■会社概要
会社名:ヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社
設立年月日:2015年11月
所在地: 神奈川県横浜市南区永田北2−34−5−201
資本金: 19,092,000 円(資本準備金含む)
業務内容:有料職業紹介事業(許可番号:14-ユ-301000)、ソフトウェア開発事業
代表取締役: 坪井俊憲
株主: 山岸 延好氏(個人投資家)、ウィルグループインキュベートファンド、他
受賞実績: ブルーオーシャンサミット最優秀賞

<本件に関するお問い合わせ>
ヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社 広報 中間、尾上
TEL:050-3177-4277 Mail:お問い合わせフォームをご利用下さい。

※本ご案内状は、厚生労働省記者会と総務省記者クラブへも配信しています。